診療科のご案内呼吸器内科

呼吸器内科のご案内

呼吸器内科のご紹介

日常的に患う病気から肺がんまで、幅広い呼吸器専門医療を提供
呼吸器内科は長く続く咳や痰、血痰、呼吸困難、喘鳴などの症状がある方や胸部X線検査で異常を指摘された方が受診され、血液検査や喀痰検査、画像検査、肺機能検査や呼気一酸化窒素濃度測定などの検査を行います。また気管支内視鏡検査は日帰りもしくは入院で実施しており、ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)や超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)を用いた診断も実施しています。気管支内視鏡検査は2020年度132件、2021年度157件実施しています。局所麻酔下胸腔鏡検査を2020年より導入し、2020年度4件2021年度11件実施しています。必要時にはCTガイド下生検も放射線科医師と協力して実施しています。
近年、肺癌や気管支喘息などは治療の進歩が目覚ましく、癌に対する分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬、喘息に対する生物学的製剤の普及などで治療も複雑化しており、より専門性が高い医療が求められております。それぞれの疾患で最適な医療をご提供できるよう研鑽に努め、患者さん一人ひとりを尊重して診療にあたります。 地域医療支援病院として、積極的に病診連携を実践していきたいと考えております。

当院呼吸器内科の役割

ニーズの高い呼吸器医療を地域に
呼吸器系の疾患は幅広い年齢層の方がかかりやすく、医療ニーズの高い診療科です。しかし、数年前まではこの地域に呼吸器内科の専門医がいなかったため、県外の病院を受診される方がたくさんいらっしゃいました。
現在当院では、呼吸器内科専門医が2名体制となり、地元の方はもちろんのこと、地域外からも受診に来られる患者さんが増えてきました。
この地域も高齢化が進み、入院が必要な肺炎や肺がんの患者さんも増えておりますので、「すぐに診てほしい」「すぐに入院したい」といったご希望に添えるよう、対応してまいります。

当院呼吸器内科の専門性

地域トップレベルの呼吸器医療
当院の2名の呼吸器内科専門医は、臨床、学術研究と、それぞれに異なる経験を重ねております。2 名の違った見方により、診療はより多角的になり、様々なアプローチで患者さんの幅広いニーズに対応しております。
肺がんの疑いのある患者さんには、必要に応じて超音波気管支内視鏡検査を行い、がんの3大治療である、外科的治療、内科的治療(化学療法)、放射線治療から、最善の治療方法を選択いたします。積極的治療が難しい場合には緩和治療も行っております。地域唯一の総合病院として、迅速に呼吸器専門医療を内科、外科が協力して提供いたします。

主な症状

主な疾患

〇肺炎
〇結核
〇非結核性抗酸菌症
〇肺真菌症
〇気管支喘息
〇慢性閉塞性肺疾患(COPD:肺気腫慢性気管支炎)
〇肺癌
〇間質性肺炎
〇感染症やアレルギー
〇腫瘍
〇自己免疫疾患
当院では呼吸器疾患全般にわたり対応しています。

外来診療予定

科別 時間
内科
※紹介状なしの新患の受付は10:00まで
午前 金子
安田
真木
田中
齋藤
田中 田中
安田
真木
遠藤
新木
神崎
渋井
【循環器】
武中
【循環器】
藤井
【循環器】
清水
上村
【循環器】
藤掛
【循環器】
江副
【消化器】
有賀
【消化器】
原田
【消化器】
有賀
【消化器】
加賀
【消化器】
松崎
【呼吸器】
猪島
【呼吸器】
猪島
【呼吸器】
平澤
【呼吸器】
松崎
【呼吸器】
朝井
【血液】
小林
【血液】
朝井
【血液】
梶谷
【糖尿病】
清水
【糖尿病】
梶谷
【糖尿病】
奈良
【脳神経】

医師紹介

氏名役職医師免許
登録年
主な所属学会・専門医等
猪島 一朗呼吸器内科部長
1995年日本内科学会:総合内科専門医
日本呼吸器学会:専門医、指導医
日本呼吸器内視鏡学会:気管支鏡専門医
日本肺癌学会
日本結核・非結核性抗酸菌症学会
日本感染症学会
日本化学療法学会
日本臨床腫瘍学会
日本呼吸療法医学会
インフェクションコントロールドクター
医学博士
松﨑 晋一呼吸器内科部長2001年日本内科学会:総合内科専門医
日本呼吸器学会:専門医、指導医
日本アレルギー学会:専門医
インフェクションコントロールドクター
医学博士
樋川 志織非常勤1992年

呼吸器内科リーフレット

呼吸器内科リーフレット

最終更新日:2023.06.01

PAGE TOP