ごあいさつ

CHANGE

院長メッセージ

新体制でより一層
地域の医療を支えてまいります

企業長兼院長 新井 昌史

当院のホームページを訪れていただき、ありがとうございます。 当院は、令和4年4月1日から、邑楽館林医療企業団・公立館林厚生病院として、あらたなスタートを切りました。名称は企業団となりますが、館林市・邑楽郡5町が開設している公立病院であることにかわりありません。ちなみに当企業団には、 病院のほかに、公立館林高等看護学院も所属します。

地域の医療ニーズをよりスピーディーに

当企業団は、「医療を通じて、地域住民の健康と生活を守る」ことを社会的役割とし、「医療従事者の育成と病院機能の充実によって、 地域全体の健康管理の中心的役割を担う組織になる」ことを目標に活動することを理念といたしました。 コロナ禍のため、全国の病院で通常の医療活動が犠牲になってきました。当院も、その例外ではありません。しかし、これからは、失われた2年半を回復させ、新たな病院像を作っていきたいと考えています。ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

企業長兼院長 新井 昌史

地域から
「選ばれる病院」を目指して

地域の患者さん、
他医療機関・施設から選んで頂けるよう
様々な取り組みを行ってまいります

みんなで頑張っています

action 1地域の医療ニーズに
対応するための取り組み

イメージ

始めていること

常勤医師60人体制を目指します

幅広い診療科に対応し、館林・邑楽地域の医療を支えるため、医師の確保を強化しております。

予定していること

医療設備の充実

必要な設備を計画的に導入し、より安全で専門的な医療の提供を目指します。

安心安全な医療をお届けします

action 2救急医療の
充実のための取り組み

イメージ

始めていること

救急科医師の増員

2022年4月より救急科医師が2名体制となり、手厚い診療が行えるようになりました。 また、救急医から引き継ぐ内科系、外科医系専門医師も増員することで、より充実した医療をご提供する体制を整えてまいります。

action 3外来待ち時間を少しでも
短くするための
取り組みの一例

イメージ

始めていること

混雑時の採血の待ち時間の短縮

事前の予約数に応じて、臨時の採血場所と人員を臨機応変に配置しております。

混雑時にすぐ対応できるよう気を配っています

始めていること

外来窓口対応の向上

まず始めに対応する窓口スタッフが的確でスピーディーであることは、待ち時間の短縮とともに患者さんの負担軽減につながると考え、日々向上に努めております。

予定していること

ご紹介患者さんの予約診療

紹介患者さんの予約時間枠を設け、その時間に診療が開始できるようにいたします。

action 4安全でスムーズな
外来受診・検査のための
取り組み

イメージ

始めていること

患者さんの立場に立った医療サービスの提供を目指して

医師を除く全スタッフが交代で入口に立ち、患者さんの来院をサポートしています。 普段患者さんと接することが少ない職種であっても、患者さんの立場に立った医療サービスの提供を心掛ける機会としています。

始めていること

雨や日差しを遮る屋根の設置

北玄関に雨や日差しの強い日でも安全に来院いただけるよう、屋根付きの通路を設置いたしました。

始めていること

サポート職員がご案内いたします

混み合う時間帯の総合受付にサポート職員を配置しておりますので、
車いすでの来院やお困りごとがございましたら、お気軽にお声がけください。

お気軽にお声がけください

始めていること

クレジットカード、マイナンバーカードに対応

キャッシュレス決済、保険証としてのマイナンバーカード利用に対応しております。

始めていること

発熱のある方は新型コロナ検査を実施しております

発熱や体調不良等、コロナの症状がある方は検査実施後に各診療科を受診いただくことで、感染拡大防止を徹底しております。

予定していること

院内の案内表示の充実

検査室やレントゲン室などの表示を分かりやすくすることで、ご来院〜ご帰宅までスムーズに受診・検査いただけるようにいたします。

action 5安全・快適な
入院環境のための取り組み

イメージ

始めていること

無料Wi-Fiの提供

病室、外来待合で無料のWi-Fiをご利用頂けます。

入院中でもお仕事ができます

始めていること

オンライン面会の実施

新型コロナ感染防止のため原則面会を中止しておりますが、代わりにオンライン面会を実施しております。

PAGE TOP