院長ごあいさつ

院長ごあいさつ


院長 松本 正弘
(担当科:脳神経外科)

 令和5年4月1日付けで公立館林厚生病院院長を拝命いたしました松本正弘です。平成10年に当院へ脳神経外科医として赴任し、現在に至ります。よろしくお願いいたします。
 さて、新型コロナウイルス感染症は、今年5月8日より感染症法上の位置づけが変更となります。しかし、法律上の枠組みが変更となったのみであり、医学および公衆衛生上の問題が解決したわけではありません。引き続き、新型コロナウイルス感染症に対する対応をさせていただく予定です。
 つぎに、高齢化の問題です。令和7年には、「団塊の世代」全員が75歳以上、すなわち後期高齢者となります。邑楽館林地域でも高齢化が進み、受診される方の年齢分布や疾病構造が大きく変化してきました。多くの方は、加齢とともに、がんと脳卒中の併発など、複数の疾病や障害を抱えています。また、救急車で運ばれる方も、以前の病気やケガと異なり、複数の慢性疾患の増悪や自己転倒による外傷が多くなっています。さらに、高齢者のみの世帯が増加していることにより、単一疾患への専門的医療の提供のみでは、退院後に安心した生活を継続できない方も多く見受けられます。
 当院は、地域の住民の皆様が安心して生活を継続できることを目標におき、高度の医療提供のみならず、地域の医療機関、行政および介護事業者などと連携し、医療・ケアの中心、すなわち地域のハブ病院として尽力させていただく所存です。
 今後も地域の住民の皆様のご意見に耳を傾けつつ、職員一同努力いたします。
引き続き、当院への変わらぬご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

令和5年4月 公立館林厚生病院 院長 松本 正弘

最終更新日:2023.04.01

前のページに戻る

  • 当院からのお知らせ

    当院からのお知らせ
  • 地域のみなさまへ

    地域のみなさまへ
  • 医療機関の方へ

    医療機関の方へ
  • お見舞いの方へ

    お見舞いの方へ
  • イベントについて

    イベントについて
  • 救急センター

    救急センター
  • 人間ドックのご案内

    人間ドックのご案内
  • 当院のこれまでとこれから

    当院のこれまでとこれから
  • 公立館林高等看護学院

    公立館林高等看護学院
  • 病院機能評価

    病院機能評価
  • 公立館林厚生病院 -facebook-

    公立館林厚生病院 -facebook-

PAGE TOP