ごあいさつ

ごあいさつ


院長 新井 昌史
(担当科:内科)

 みなさん、当院のホームページを訪れていただき、ありがとうございます。
 今年は、平成から令和の時代へ移行する節目の年となりました。気持ちを新たにして、病院も新時代に向かっていきたいと考えております。
 さて、皆さんは本年2月に厚生労働省が発表した「医師偏在指数」という指標をご存じでしょうか?医療の担い手である医師が地域によってどの程度偏っているかを表す指標で、簡単にいうとその地域の人口10万あたりの医師数に近い数値です。全国平均が238のところ群馬県は208と少なく、全国35位の医師少数県です。
 医師数が少ない群馬県ですが、本県の中でもさらに地域によって偏在があります。群馬県内は市町などを単位に、10個の2次医療圏に分類されます。当院のあるこの地域は「太田・館林2次医療圏」と呼ばれ、医師偏在指数は145と医師の少ない群馬県の内でも格段に少ない地域です。「医師数」の計算には病院勤務医と開業医が合算されており、病院勤務医だけでなくホームドクターも少ないことになります。2025年問題に対応するために、国が策定した地域包括ケアシステムにも支障がでるのではないかと危惧されます。
 当院も医師不足の例外ではありません。地域の基幹病院として、邑楽館林の住民の方が外の地域の病院に転院せず、当院で医療が完結できるようになるのが当院の目標です。患者さんやご家族、地域住民の皆様のご意見に耳を傾けつつ、充実した診療体制の構築に向けて職員一同努力していく所存でございますので、今後も、当院への変わらぬご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2019年4月  院長

最終更新日:2019.04.01

前のページに戻る

  • 当院からのお知らせ

    当院からのお知らせ
  • 地域のみなさまへ

    地域のみなさまへ
  • 医療機関の方へ

    医療機関の方へ
  • お見舞いの方へ

    お見舞いの方へ
  • イベントについて

    イベントについて
  • 救急センター

    救急センター
  • 館林高等看護学院

    館林高等看護学院
  • 病院機能評価

    病院機能評価
  • 公立館林厚生病院 -facebook-

    公立館林厚生病院 -facebook-

PAGE TOP