災害時における物資供給に関する協定

災害時における物資供給に関する協定

災害時における物資供給に関する協定式

 平成29年7月6日(木)、邑楽館林農業協同組合と邑楽館林医療事務組合において、「災害時における物資供給に関する協定」の調印式を行いました。
 本協定は、大規模災害発生時に病院の稼働および医療に必要な物資の供給に関する内容を定めており、災害拠点病院として治療を継続するため、邑楽館林農業協同組合と協議を重ねた結果、締結にいたりました。
 調印式には、邑楽館林農業協同組合 江森富夫代表理事組合長、邑楽館林医療事務組合 須藤和臣管理者、ならびに関係職員が出席しました。代表者2名による協定書への署名が行われ、本協定の締結となりました。
 今後、大規模災害発生時の対応について、平時における訓練の実施等を通じ、本協定に基づき邑楽館林農業協同組合をはじめとする関係機関との連携を一層強化できるよう努めていきたいと考えています。



最終更新日:2017.07.06

前のページに戻る

  • 当院からのお知らせ

    当院からのお知らせ
  • 地域のみなさまへ

    地域のみなさまへ
  • 医療機関の方へ

    医療機関の方へ
  • お見舞いの方へ

    お見舞いの方へ
  • イベントについて

    イベントについて
  • 救急センター

    救急センター
  • 館林高等看護学院

    館林高等看護学院
  • 病院機能評価

    病院機能評価
  • 公立館林厚生病院 -facebook-

    公立館林厚生病院 -facebook-

PAGE TOP